ご飯を食べるようになると、不思議な経験をする場合が
あるようです。ご飯をたくさん食べるようになってから、
体がポッポすると、何人もの読者の方々から
メールでおききしています。

ご飯を食べる量にもよるそうですが、体が温かく
感じられるとか、以前よりも薄着で済ませられるように
なったとかいう体験談が送られてきています。

橋本はご飯をちゃんと食べているにもかかわらず、
こういう実感は全くありませんでした。かなり
残念ですが(笑)、こういったことは個人差があります。

それにしても、ご飯を食べるとこれだけ体が変化する
というのは、逆にご飯を食べないと、体の代謝が
鈍っているともいえますよね。

たしかに、今子供さん達を中心に多いのが、
低体温。体温が36度以下の方々が以前に
比べて、たくさんいるそうです。

ご飯を食べなくなったり、フルーツだけ、
野菜だけをたっぷなど、かなり栄養に偏りがある
食事の仕方では、体温が下がってしまうのです。

また、最近は加工食品を利用したり、コンビニ食、
既製品を使って手軽に済ませる食事が何かと
多いです。

そうすると、どうしても、食品に含まれる栄養価が
下がりますし、低代謝、低体温と体が傾いてしまう
のです。

ですから、食べられるなら何でも同じではないの
ですね。きちんとしたものを選んで食べましょう。

特に、ご飯をあなたのダイエットに利用するのが
賢いやり方かもしれません。

ただ、あなたもご存知のように、ご飯は場合によって、
太ってしまいます。多くの方々がご飯を太るものと
信じるのはそのため。

でも、ルールを守って食べると、ご飯ほど
痩せるのに適した食品はありません。

ぜひとも橋本のレポートやメールを参考に、
飯を楽しく食べてください。そうすれば、ご飯を
食べ過ぎて太る、というのは過去の思い出話と
なるでしょう(笑)

ご飯とダイエットの関係をもう少し詳しく知りたい
あなたは、ブログの最初から読んでね。
↓ ↓ ↓

➡ 痩せる食べ物・食べ方・はじめに戻る