Search the Blog

「痩せる栄養素で最も重要なものは炭水化物」
ということでしたね。 前回お話したとおりです。
炭水化物が燃料となって、体内の臓器、細胞、血管、血液
などを活き活きと働かせてくれるのです。

ところで、炭水化物といっても色々あります。

パン、ご飯、麺、芋・・・これらのうち、いったいどの食品が
あなたの体の燃料として最もふさわしいのでしょうか。

その答えですが・・・・

答えは、お米、ご飯

ご飯って太るんだよね、おかしくない?

と、あなたは首をかしげていますか?

橋本も、長い間そう思っていました。ご飯は太ると。

もちろん、ご飯は食べ過ぎたら太ります。
たんぱく質も、脂肪も、野菜であっても、
あまりに食べすぎれば太るのは当然。

でも、橋本の体験からすると、ご飯こそが
8キロ痩せさせてくれて、5年以上リバウンドなしの
結果をだしてくれたんです。

今こうしていられるのは、ご飯中心に食べているから。

もしかして、それをきいて、あなたは落胆していますか?
でも、本当のことなんです。

もしあなたも興味があれば、試してみてください。

食欲が旺盛すぎて太ってるなら、
この方法がどんな薬より効く可能性が高いですよ。

なぜって、ダイエットを始めて1年後も痩せていられる
痩せ薬があるでしょうか? カロリー制限で1年後にも
うんと痩せていられると思いますか?

薬を使ったり、無理な食事制限でダイエットが
成功する確率は非常に小さいです。おまけに、
出費や精神的疲労が大きいですよね。

トータル的には、ご飯を食べる方法が、
精神的な負担も殆んどなく、痩せる確率も高いと
言えるでしょう。お金もかからない(笑)

あれだけ太ると思ってたのに、実際に食べてみると
オドロキと嬉しさでいっぱいになる方々もいます(笑)

橋本のもとには、食べれる喜びに満ちた読者の方々
からのメールが日に日に届けられます。

「食べられると、人に優しくなれますね~」
というような内容のものもいくつかあります。

あなたも、ルールを知ってご飯を食べてみますか?

ルールの1つに「食べ方」があります。
食べ方って、痩せるためには、とーっても重要。
なぜかというと・・・

次回は、「ダイエットの謎解き。答えをお伝えします。」

痩せる食べ物でやせる・トップに戻る



サイトナビゲーション

dummy dummy dummy